「草書」カテゴリーアーカイブ

真草千字文を読む 9 鳴鳳在樹~

智永の『真草千字文』を読んでいます。

201608真草千字文017

メイホウザイジュ ハククショクジョウ

鳴鳳在樹 白駒食場

鳴けるおおとりは樹にあり 白き駒は場(にわ)に食(は)む

字義

鳳  鳳凰。伝説上の鳥。優れた君主が位につくと現れるという。

白駒 白馬。吉兆とされる。

  畑。秋には収穫した穀物の精製の場所となる。

意味

鳳凰は樹上で鳴き、白馬は畑で草を食べる。

◇◇◇

201608真草千字文018

カヒソウモク ライキュウバンホウ

化被草木 頼及萬方

化(めぐみ)は草木にこうむり 頼は萬方に及ぶ

字義

  天子の恩恵。

頼  天子の徳化をこうむること。

萬方 すべての国々。

意味

天子の恩恵は草木に(まで)及び、徳化はすべての国々に及ぶ。

◇◇◇

とりあえず読めるようになりたい――ということで勉強しているのですが、それにしても、少しでも書いてみた方がやはり記憶に残りやすいようです。デスクペン(パイロット DPN200B-M(中字)と筆ペン(ぺんてる筆 中字)で臨書してみます。

学習ノート「こくご8マス」に書いています。

201608真草千字文017臨

左:法帖  中:ペン形臨  右:筆ペン形臨

201608真草千字文018臨

左:法帖  中:ペン形臨  右:筆ペン形臨

通算144字を学びました。

■■■■■

きょうの自運

20160818ペン自運「椰子の実」

硬筆書写検定の解答用紙(コピー)に書いています。

201608椰子の実

『椰子の実』 作詞:島崎藤村 作曲:田中寅二

旧(もと)の木は 生いや茂れる

枝はなお 影をやなせる

われもまた 渚(なぎさ)を枕

孤身(ひとりみ)の 浮寝(うきね)の旅ぞ

実をとりて 胸にあつれば

新(あらた)なり 流離(りゅうり)の憂(うれい)

海の日の 沈むを見れば

激(たぎ)り落つ 異郷の涙

思いやる 八重の汐々(しおじお)

いずれの日にか 国に帰らん

それではまた(^^)/

真草千字文を読む 8 愛育黎首~

智永の『真草千字文』を読んでいます。

201607真草千字文015

アイイクレイシュ シンフクジョウキョウ

愛育黎首 臣伏戎羌

黎首を愛育し 戎羌を臣伏せしむ

字義

愛育  愛(いつく)しみ育(はぐく)む。

黎首  黎(くろ)い首(あたま)。民衆のこと。

臣伏  家臣として服従する(させる)。

戎羌  「戎」「羌」ともに西方の蛮族名。蛮族全体を代表させている。

意味

民をいつくしみ、はぐぐみ、蛮族を家臣として服従させる。

◇◇◇

201607真草千字文016

カジイッタイ ソッピンキオウ

遐邇壹體 率賓歸王

とおきもちかきも体を一にし 率賓、王にしたがう

字義

遐邇  「遐」=遠。 「邇」=近。  遠きも近きも。

率賓  地の果てまで。

歸王  王に服従する。

意味

遠くの者も近くの者も一体となり、地の果ての国々まで王に心服する。

◇◇◇

デスクペン(パイロット DPN200B M)と筆ペン(ぺんてる筆 中字)で臨書してみます。読むだけより、何度か書いてみるとやはりイメージがよく頭に残る感じです(^^)

201607真草千字文015臨

左:法帖  中:ペン形臨  右:筆ペン形臨

学習ノート「こくご8マス」に書いています。

201607真草千字文016臨

左:法帖  中:ペン形臨  右:筆ペン形臨

通算128字を学びました。先は長いですね(^_^;

■■■■■

きょうの自運

20160802ペン自運「学問のすすめ」

硬筆書写検定の解答用紙(コピー)に書いています。

それではまた(^^)/

草書学習記録(28年6月下旬)

■■■ 草書学習記録 6/15(水)~6/30(木) ■■■

6/30(木) 復習テスト(397~420) 学習(421~423)

20160630草書

6/29(水) ノート作成(421~432)

6/28(火) 復習テスト(394~417) 学習(418~420)

20160628草書

6/27(月) 復習テスト(391~414) 学習(415~417)

20160627草書

6/26(日) 復習テスト(388~411) 学習(412~414)

20160626草書

6/25(土) 復習テスト(385~408) 学習(409~411)

20160625草書

6/24(金) ノート作成(409~420)

6/23(木) 復習テスト(382~405) 学習(406~408)

20160623草書

6/22(水) 復習テスト(379~402) 学習(403~405)

20160622草書

6/21(火) 復習テスト(379~402) 学習(403~405)

日に3字ずつのペースでしばらく続けてみる。

20160621草書

6/20(月) ノート作成(397~408)

6/19(日) 硬筆書写検定準1級 受験

勉強していたのにうろ覚えでうまく書けない字があった。日に6字ずつというペースはちょっと無理があったかも。少しペースを落としてみる。

6/16(木)~18(土)

硬筆書写検定直前。ここまでの約400字を総復習。

真草千字文を読む 7 弔民伐罪~

智永の『真草千字文』を読んでいます。

201607真草千字文013

チョウミンバツザイ シュウハツイントウ

弔民伐罪 周發殷湯

たみを弔(あわれ)み つみを伐(う)ちしは 周の発、殷の湯なり

字義

  あわれみ、なぐさめる

  悪(人)を討つ

  周の武王のこと

  殷の湯王のこと

意味

民を弔(あわれ)み、罪を伐(う)ったのは、周の武王と殷の湯王であった。

◇◇◇

201607真草千字文014

ザチョウモンドウ スイキョウヘイショウ

坐朝問道 垂拱平章

朝に坐してみちを問い 垂拱して平章す

字義

坐朝 朝廷にいる

垂拱 衣裳を垂れ、手を拱(こまね)く = 何もせずにいること

平章 (国を)公明に治める

意味

(天子は)朝廷に坐して道を求め(政務につとめ)、国を公明に治める。

◇◇◇

デスクペン(パイロット DPN200B M)と筆ペン(ぺんてる筆 中字)で臨書してみます。

201607真草千字文013臨

左:法帖  中:ペン形臨  右:筆ペン形臨

学習ノート「こくご8マス」に書いています。

201607真草千字文014臨

左:法帖  中:ペン形臨  右:筆ペン形臨

通算112字を学びました。あと888字!――とか考えない方がいいかな(笑)

■■■■■

きょうの自運

20160725ペン自運「夏目漱石・明暗」

硬筆書写検定の解答用紙(コピー)に書いています。

それではまた(^^)/

真草千字文を読む 6 始制文字~

智永の『真草千字文』を読んでいます。

201607真草千字文011

シセイモンジ ナイフクイショウ

始制文字 乃服衣裳

はじめて文字をつくり 乃(すなわ)ち衣裳を服す

字義

衣裳  うわぎ(衣)とはかま(裳)

意味

はじめて文字を制(つく)り、うわぎとはかまを服(き)た。

太古の時代に文字や衣服が発明されたことを述べている。

◇◇◇

201607真草千字文012

スイイジョウコ ユウグトウトウ

推位讓國 有虞陶唐

くらいをおし くにをゆずる 有虞と陶唐

字義

推位 (皇帝の)位をゆずる

有虞 中国太古の伝説上の聖天子、舜のこと。尭(ぎょう)帝から位を譲り受けて天子となり、後に宰相の禹に禅譲したという。

陶唐 中国太古の伝説上の聖天子、尭(ぎょう)のこと。

意味

(皇帝の)位を推(ゆず)り、国を(臣下に)譲ったのは、舜や尭であった。

◇◇◇

デスクペン(パイロットDPN-200-B M)と筆ペン(ぺんてる筆・中字)で臨書してみます。出来についてはノーコメント(^_^; 書いてみると、やはり形がより頭に残るようです(^^)

201607真草千字文011臨

左:法帖  中:ペン形臨  右:筆ペン形臨

学習ノート「こくご8マス」に書いていますが、最後の「裳」などはマスの大きさに囚われすぎて上下が詰まってしまいました(^_^;

 201607真草千字文012臨

左:法帖  中:ペン形臨  右:筆ペン形臨

通算96字を学びました。こつこつ行きます。

■■■■■

きょうの自運

20160713ペン自運「青い鳥」

硬筆書写検定の解答用紙(コピー)に書いています。

それではまた(^^)/