「硬筆書写検定」カテゴリーアーカイブ

[硬筆書写検定]16 旧字・書写体・歴史的仮名遣い(2)

硬筆書写検定2~1級の理論問題のうち、旧漢字(以下「旧字」)・書写体の読み書き、また1級の歴史的仮名遣いに関する問題について、勉強法を考えていきます。

まず、2級と準1級では旧字を読めるようにしておく必要があります。この問題から考えていくことにします。

旧字は、世代によってはあるていど読めるという人もいると思いますが、ここでは、旧字にほとんど親しんだことがないという若い方々を対象に、勉強法を考えていきたいと思います。

◇◇◇

私がおすすめする方法は、私自身も中学生の頃にそうしたように、旧字表記の小説などを読んで「慣れて」しまうこと、です。

旧字体で書かれた文章の実物をちょっとみてみましょう。

201609%e3%80%8c%e6%88%91%e8%bc%a9%e3%81%af%e7%8c%ab%e3%81%a7%e3%81%82%e3%82%8b%e3%80%8d1

集英社からかつて出ていた『漱石文学全集』の第1巻『我輩は猫である』の最初のページです。この全集は、最終の版まですべて旧字(と歴史的仮名遣い)表記のまま発刊され続けました。

※岩波書店の『漱石全集』は途中から新字体・現代仮名遣いに変更されたようです。

一部を拡大してみます。

201609%e3%80%8c%e6%88%91%e8%bc%a9%e3%81%af%e7%8c%ab%e3%81%a7%e3%81%82%e3%82%8b%e3%80%8d2

中学生の頃、私は漱石のいくつかの小説をこの全集で読みました。初版は昭和45年(1970)となっています。いま手元にある本は成人後に神田の古書店街で買い直したもので、昭和54年・第四刷となっています。

201609%e6%bc%b1%e7%9f%b3%e6%96%87%e5%ad%a6%e5%85%a8%e9%9b%86

以前にも述べましたが、この頃になってもこのように旧字旧仮名表記の小説などは書店にそこそこ並んでおり、戦後生まれといっても、私―昭和33年(1958)生―くらいの世代では、望めばこういうものを読んで旧字・旧仮名遣いに親しむことができました。

すべての漢字にふりがなで、楽に読める

最初のページに早速「当」「恐」「顔」などの旧字が出てきますが、漢字にはすべてふりがながついているので読むのに苦労はありません。この「すべての漢字にふりがな」というスタイルの読み物は明治以来とても多く、昔の子どもたちは読み物を通じて自然に漢字の読み方を覚えていったわけですね。

歴史的仮名遣いにはすぐに慣れる

漢字だけでなく仮名遣いも現代のものとはいくらか違う歴史的仮名遣いですが、古い言い回しなどはあるものの、使われている言葉は、基本的にいま私たちが使っている現代語とかわりません。だから、たとえば――

「捕まて煮て食とい話である」

――と書いてあるのを文字どおり「ツカマヘテニテクフ~」と読む人は、日本語のネイティブであればまずいないでしょう(笑)。頭の中に響く日本語はちゃんと「捕まえて煮て食うという~」に変換されているはずです。

頭の中での変換に慣れるまで音読してみるといいと思います。昔の人が歴史的仮名遣いの文章を自然に読みこなしていた、その感覚がすぐに身についてくるはずです。

違和感はすぐに消える

旧字・旧仮名遣いで書かれた文章を初めて読むという方は、最初は違和感を感じることと思います。しかし、すぐに投げ出さないで、しばらく我慢してついていってください。その違和感はすぐに消えます。一冊読み終えるまでに?いえいえ、そんなに時間はかかりません。一時間も読んでいるうちに慣れてしまうんじゃないでしょうか。

絶版になっている集英社の『漱石文学全集』ですが、古本ならまだ入手できます。この機会に手に入れて旧字・歴史的仮名遣いに親しんでみられてはいかがでしょうか(^^)

旧字・歴史的仮名使いで書かれた戦後小説もある

 201609%e3%80%8c%e6%9d%b1%e4%ba%ac%e3%82%bb%e3%83%96%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%82%ba%e3%80%8d3

『東京セブンローズ』(井上ひさし・著)

これは、平成11年(1999)に実験的に旧字・歴史的仮名遣いで書かれた小説です。

201609%e3%80%8c%e6%9d%b1%e4%ba%ac%e3%82%bb%e3%83%96%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%82%ba%e3%80%8d1

201609%e3%80%8c%e6%9d%b1%e4%ba%ac%e3%82%bb%e3%83%96%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%82%ba%e3%80%8d2

こちらは漢字にはほとんどふりがながふられていません。文脈から読めるものも多いと思いますが、上の『漱石文学全集』のようなスタイルのものを読んで旧字に少し慣れてきてから読むといいかもしれません。

次回に続きます。それではまた(^^)/

きょうの自運はお休みします。

[硬筆書写検定]15 旧字・書写体・歴史的仮名遣い(1)

(今月から週2~3回の更新になります。)

硬筆書写検定2~1級の理論問題では、旧漢字(以下「旧字」)・書写体を読み書きする問題、また1級では歴史的仮名遣いに関する問題が出題されます。

2級の内容からみてみます。

第八問 A 旧字体を読む B 書写体を読む

201609硬筆書写検定2級第七問

右側A列は旧字体、B列は書写体です。この10字を常用漢字で楷書で書く問題になります。

10点×10問で、全問正解で100点という配点です。2級の理論問題は全体で400点で、過去の試験では295点以上で合格しているようです。つまり少なくとも74%ほどの得点が必要です。この問題でもできれば8個以上は正解したいところですね。

準1級では第八問でなく第七問がこの問題になりますが、内容は2級と同様です。

書写体とは

手書きの楷書体には、漢和辞典には載っていないか、載っていても「俗字」とされている異体字があります。「俗字」というといかにも「正式でないもの」という印象がありますが、実はこれらの異体字こそ昔からずっと書かれてきた楷書本来の字形であり、楷書の最高の手本といわれる『九成宮醴泉銘』なども、ほとんどといってよいほど書写体で書かれています。

我が国でも江戸時代までは漢字はすべて書写体で書かれてきました。私たちが現在みるような形になったのは、明治時代以後、漢和辞典などが活字で組まれるようになってからのことだそうです。

◇◇◇

次に1級です。

第七問 A 旧字体を書く B 書写体を書く

201609硬筆書写検定1級第七問

書かせる問題です。2級・準1級と比べてかなりハードルが上がりますね(^_^;

上の問題の解答を載せておきます。

201609硬筆書写検定1級第七問解答

旧字体で新字体と形の異なる漢字は370字余りということです。書写体はちょっと多く、1060字ほどになります。草書体は2000字余りを勉強しなければならないことを思えば少ないですが、それでもかなりの量ですね(^_^;

ちなみに、狩田巻山先生の『ペン字精習・上』に、旧字体370字、書写体1060字の一覧表が付録として掲載されています。

201609ペン字精習上

『ペン字精習 上』(狩田巻山先生・著)

◇◇◇

次に、1級の第十問のBをみておきます。

ちなみにAは常用漢字の間違い探しで、2級や準1級と共通問題になっているようです。問題の形式は3級の同問題と基本的に同じなので、こちらを参照してください。

201609硬筆書写検定1級第十問B和歌二首が活字でしめされます。このうち、歴史的仮名遣いとしてまちがっている部分を指摘せよ、という問題です。問題文には書かれていませんが、全体で5つの誤表記があります。

答え方はこんなふうになります。

201609硬筆書写検定1級第十問B解答

これは、古筆を勉強している人や短歌や俳句をよむ人、また学校で習った古文の内容をよく覚えている人などには何ということもない問題でしょうが、改めて勉強しないと厳しそう……という人もいるかもしれませんね。

◇◇◇

これらの理論問題対策の勉強はどんなふうにしたらいいのか?次回はそのあたりを考えていきたいと思います(^^)

■■■■■

きょうの自運(幸田文『季節のかたみ』の続きです)

ペン自運「季節のかたみ」BN1-3

20160901ペン自運「季節のかたみ」4

それではまた(^o^)/

[毛筆書写検定]4 3級試験の内容をみる(4)

3級の理論問題を、硬筆検定とともにみています。

理論問題

毛筆 第九問 草書を読む

201508毛筆検定理論第九問

『毛筆書写検定ガイド (3・4級)』より

硬筆の方も、形式・問題数ともに同じです。

硬筆 第九問 草書を読む

201508硬筆検定理論第九問

『硬筆書写技能検定3級合格のポイント』より

3級の審査基準の中に「平易な草書体の漢字を読むことができる」とあるのですが、行書体に近い字が多く、また文章題なので文脈からの判読もしやすい、いわば「サービス問題」になっています。

練習問題をやってみてほとんど解答できたので、私はこの問題のための受験勉強はしませんでした。ただ、今後は草書の勉強が必要になるんだな――という覚悟だけはできました。そういう覚悟を促すための問題?なのかもしれませんね(^^)

◇◇◇

毛筆 第十問  常用漢字の字体の間違いを直す。

201508毛筆検定理論第十問

硬筆 第十問  常用漢字の字体の間違いを直す。

201508硬筆検定理論第十問

これも、書かれている字が毛筆か硬筆かの違いだけです。

この問題、いつも意外にてこずります(^_^;

問題文には書かれていませんが、書き方のまちがっている漢字は10字です。しかし私の場合、一読してすぐ間違いに気づくのは半分くらいのものです。これまでの受験ではすべて何とか完全正解できているはずですが、10字すべてを特定しきるまで、いつもけっこう時間がかかってしまいます。

これをやると、人が文章を読むときに一字一字の形をきっちり確認しながら読んでいるわけじゃないんだな――とよくわかります。間違った字が混入しても、文章になっているとすーっと読み流してしまいがちなんですよね(^_^;

字体の間違いのパターンについて、ガイドブックに解説があります。

201508毛筆検定理論第十問解説

『毛筆書写検定ガイド (3・4級)』より

201508硬筆検定理論第十問解説

『硬筆書写技能検定3級合格のポイント』より

訂正すべきはぴったり10字で、訂正が9字以下でも11字以上でも減点されます。

2級以上は試験時間が90分と長いので、この問題に多少時間を使ってもどうということもないのですが、3級は60分しかありません。理論問題にあまり時間をかけている余裕はありません。誤字のパターンを知っておき、練習問題もこなしておかれることをおすすめします。

3級の理論問題は以上です。

■■■■■

きょうの自運(草書かな交じり)

20160823ペン自運「季節のかたみ」1

『季節のかたみ』 (幸田文・著)より

硬筆書写検定の解答用紙(コピー)に書いています。

幸田文(こうだあや)の『みずばち』に続き、『季節のかたみ』を自運していきます。次回の縦書き自運に続きます。

それではまた(^^)/

[毛筆書写検定]3 3級試験の内容をみる(3)

日本書写技能検定協会のウェブサイトには、検定各級の「試験の程度」について簡単に書かれています。3級は――、

毛(硬)筆書写一般の基礎的技術及び知識をもって書くことができる。

となっています。大人としてまあ恥ずかしくないくらいには書けるし知識もある、ということになるでしょうか。

これが2級になると「専門的技術及び知識をもって」というふうに表現が変わります。これはもう「本気で書道・ペン字をやってます」モードですね。

というわけで、一般的には3級を取っておけば、就職先などへのアピール(^^)としてまず十分ではないかと個人的には思います。

◇◇◇

その3級の理論問題を、硬筆の方も一緒にみていきます。

硬毛とも第六問までが実技問題、第七問から理論問題になります。

理論問題

毛筆 第七問 漢字の部分の名称を答える。

201508毛筆検定理論第七問

『毛筆書写検定ガイド (3・4級)』より

硬筆の方も体裁が少し違うだけで、形式も問題数も同じです。

硬筆 第七問 漢字の部分の名称を答える。

201508硬筆検定理論第七問

『硬筆書写技能検定3級合格のポイント』より

『毛筆書写検定ガイド (3・4級)』『硬筆書写技能検定3級合格のポイント』ともに、漢字の部分の名称の一覧表が付録として掲載されています。

201608漢字の部分一覧表

こういった一覧表を利用してとにかく暗記していくわけですが、表の中にはすでに答えられるものもかなりあると思います。多少の個人差はあるでしょうが、学校で普通に国語の勉強をしてきた人なら、初めて聞く名称は――ほんのちょっと、というわけにはいきませんが、嫌になるほどたくさんはなかろうと思います(^^)

ただ、大人ならたいてい知っている――というようなものばかりはやはり出題されません。試験作成の先生方が「この名称は知らない人も多かろう」と思われるものが半分くらいは出るのではないでしょうか。「これ知らなかった」というものはちゃんと覚えて試験に臨みたいですね。

全体に覚える数は多くありませんし、勉強しておけば誰でも答えられる「サービス問題」ですから、手を抜かずに全問正解をめざしたいところです。

◇◇◇

毛筆 第八問  漢字の筆順の正誤を答える。

201508毛筆検定理論第八問

硬筆 第八問  漢字の筆順の正誤を答える。

201508硬筆検定理論第八問

書かれている字が毛筆か硬筆かの違いだけです。

常用漢字(平成22年に1945字から2136字に増えました)から出題されます。学校で習った一通りの筆順を知っていれば答えられる問題だけになっています。

なぜそこを強調するかというと、学校では教えていなくても正しいとされる筆順はありまして、2級以上ではそういう問題も出るものですから。たとえば――、

201608『漢字筆順ハンドブック』

これは『漢字筆順ハンドブック』という本の一ページですが、「浅」「栓」「戦」などは二通り、「専」は三通りの筆順が掲載されています。どれも正しい筆順とされているものです。

このように筆順が複数ある字も、3級では「学校で教えている以外の筆順」は出題されない――ということになります。

また、3級は楷書の筆順のみです。行書になると筆順が変わる字がありますが、行書の筆順は2級以上で出題されます。

筆順は自信がない――という方は多いかもしれませんね。私もあまり自信がなくて、3級の理論問題ではこの勉強にいちばん時間をかけたように記憶しています(^_^;

3級受験当時、参考書はこれだけを使っていました。

201608『漢字筆順ハンドブック』外観

『漢字筆順ハンドブック』(江守賢治先生・著)

日本語教員時代に買って持っていた本で、かれこれ二十年以上もお世話になっています。筆順のバイブル!と断言してしまいます(^^)

楷書の筆順だけですが、3級までなら十分ですし、大きな本ではないので引くのも楽です。手元に置いて、筆順に悩んだらすぐ調べる――そういう習慣をつければ、だんだん筆順に自信がついてくると思います。

なお写真は旧版のものです。常用漢字表の改定を受けて新版は装丁も新しくなっています。

2級以上も受けていくつもりなら、行書の筆順も調べられるこういう字典があった方がよいでしょう。

201608『楷行草筆順字体字典』

『楷行草 筆順・字体字典』(江守賢治先生・編)

私も、2級以上も受けていこうと決めた時にこれを買いました。楷行草のみならず、旧字体の筆順まで調べることができます。「筆順のバイブル」のさらにさらに詳しい版(^^)ですね。

さて、いつもご紹介している岡田先生の筆順字典も素晴らしい字典なのですが、用途が微妙に違います。

201509岡田崇花先生字典1

201608『漢字筆順字典』

『楷・行・草 漢字筆順字典』(岡田崇花先生・編)

こちらの字典は、筆順は一種類のみの掲載です。ふだん使う筆順字典としては(正しい一つの筆順がわかればよいので)まったく問題ありませんが、検定試験の勉強として、その字に複数の筆順があるのかどうかは、江守先生の字典でないと調べることができません。

『書蒼』で勉強中なら岡田先生の字典は必須だと思います。加えて検定も1級まで受けていくぞ!という方としては、江守先生の字典も持っておくのがベスト、ということになるでしょうか。お金かかりますけど(^_^;

◇◇◇

二つの理論問題だけで長くなってしまいました。残りの理論問題は次回ということでm(_ _)m

■■■■■

きょうの自運(草書かな交じり)

20160819ペン自運「藤田耕雪」

硬筆書写検定の解答用紙(コピー)に書いています。

週末、楽しくお過ごしください。それではまた(^^)/

硬筆書写検定1級 準1級との違いは?

硬筆検定準1級の合格証書が届いたのですが……、

201608硬筆検定合格証書

2級(写真左)まではA4の大きさでしたが、準1級(写真右)はかなり大きく、B4より一回り大きいサイズになっています。3級、2級と証書を収めてきたアルバムには入らず、ちと困惑しております(^_^;

ま、準1級は経過点にすぎませんから、巻いてしまっておくことにします。1級に合格できた暁には額に入れたいと思いますけれども(^^)

それと、1級合格者には希望によりこういう「指導者証」が交付されるようです。ちょっとかっこいいですよね。これ、欲しいわぁ(^^)――(詳しくはこちらへ。)

201608指導者証

◇◇◇

さて、仕事の方は少し長めの夏休みに入ったのですが、それでたっぷり時間ができた……というほどのことも今年はありません。5月に脚を骨折して入院していた老母が手術・リハビリを終えて一時帰宅、自宅での動きをみて大事なく過ごせるようならそろそろ退院ということになりまして、雑用も多く稽古もなかなかはかどりません(^_^;

硬筆検定、次回は1級受験になります。合格の基準はさらに厳しくなりますが、問題の内容は準1級とほとんど同じです。

ちょっとだけ変わるところをみておきますと――、

201608硬筆書写検定1級第七問

第七問、旧字体・書写体の問題ですが、準1級では「旧字体・書写体をみて、それを楷書で書く」、つまり読めればよいという問題だったのが、1級では「活字をみて、それを旧字体・書写体で書く」という問題に変わります。

これは実は、前々回の試験までは準1級も同じ「書かせる問題」だったのですが、今年から準1級の方は「読む問題」になりました。いくらか楽になったわけですが、私は実はあまりこの恩恵を受けておりません。

というのは、もともと旧字体も書写体もそこそこ読み書きできていたものですから。この問題は、私にとっては草書を書かせる問題ほどには難しくはありませんでした。

旧字旧かなにも親しんできた世代なので

これは別に必死に勉強した成果ではなくて、世代的な強みにすぎません(^_^;

私くらいの世代(昭和33年生)だと、若い頃には旧字体で書かれた小説などがまだ新刊書店にも並んでいたんですね。古本だと当然さらに多く、中学高校の頃には、明治期の作家の小説などは主に旧字旧かな表記の古本で読んでいたのです。

旧字にも旧仮名遣いにも、読書を通じて自然に慣れていきました。検定のため改めて勉強もしてきましたが、新たに覚えなければならない若い人たちに比べれば、大した苦労なくすんでいると思います。

また書写体も、生活の中で、どこかで目にしてきた覚えのあるものが結構あるんですね。だから、やはり苦労は少なかったのです。

大人になるまでワープロなどこの世に存在せず、手書きの字に囲まれて成長した、そんな世代なのです。旧字も書写体も当たり前に使いこなす戦前世代の大人たちの手書きの字をたっぷり見て育ちました。ですからこのへんは若い人に比べるとだいぶ有利だと思います。ごめんなさいね(^_^;

検定1級まで受けるつもりだが、旧字も書写体も勉強はこれから――という方のために、学習プリントのようなものを作成中ですので、今しばらくお待ちください。

◇◇◇

ほかに変わるのは、草書の読みの問題が、準1級では『書譜』や『真草千字文』などの古典の一部を直接読ませる問題なのが、1級では硬筆の手書き文字を読ませる問題になる、くらいです。

これは、毛筆経験の浅い私には準1級の方が難関だったかもしれません。今回の試験でも4字中2字しか正解できず、かなりの減点を食らっております。でも、毛筆の墨跡が硬筆の手書きになったからといって草書のむずかしさは変わりませんね、やっぱり。ちょっとだけ楽かも、という気がするだけで(^^)

というわけで、ほぼこれまでどおりの勉強が続くのですが、実技問題はもっともっと厳しく審査されることになるでしょう。気を引き締めて書く稽古を続けないといけませんね(^_^;

■■■■■

きょうの自運

20160808ペン自運「夏の思い出」

硬筆書写検定の解答用紙(コピー)に書いています。

『夏の思い出』 作詞:江間章子 作曲:中田喜直

(2)

夏がくれば思い出す

はるかな尾瀬 野の旅よ

花のなかにそよそよと

ゆれゆれる浮き島よ

水芭蕉の花が匂っている

夢みて匂っている水のほとり

まなこつぶればなつかしい

はるかな尾瀬 遠い空

201608尾瀬の風景

それではまた(^^)/