「書道史」カテゴリーアーカイブ

書道史を学ぶ 3 書聖 王羲之(1) 蘭亭序

まず復習テストに挑戦してみてください(^^)

これらはすべて実際に硬筆書写検定1級・準1級で出題された問題です。一問を除き、前回の内容が頭に入っていれば答えられる問題ばかりです。

(問題1)上段の作品の筆者名を下段から選んでください。

1 九成宮禮泉銘  2 雁頭聖教序  3 孔子廟堂碑  4 蘭亭序

A 虞世南  B 褚遂良 C 欧陽詢  D 顔真卿  E 王羲之

(問題2)次の文章で、正しいと思うものには○、誤っていると思うものにはXをつけてください。

1 『孔子廟堂碑』は、孔子廟が建てられたいきさつが記されているが、作者は不明である。(   )

2 『温泉銘』は、唐の玄宗の作で、王羲之の書を彷彿とさせる見事な行書である。(   )

3 虞世南、欧陽詢、褚遂良の「初唐の三大家」に太宗皇帝を加えて、「唐の四大家」と呼んでいる。(   )

過去問を見ていくと、唐の時代に関する問題の出題率はすこぶる高く、ほとんど必ず一問は出ているようです。書道史上、非常に重要な時代ということですね。

正解は最後に掲載します。

◆◆◆◆◆

後漢滅亡(220年)の後、229年までに魏・蜀・呉が興り、天下が三分される三国時代が始まります。

三国時代の末期、魏の実権を掌握した晋王・司馬氏は、蜀を滅ぼしたのちに魏帝から帝位を譲り受け、国名をと改めます。

晋はさらに呉に出兵、これを滅ぼし(280年)、60年ぶりに天下を統一します。

しかし天下統一後の晋では王族が血なまぐさい権力闘争、内乱を繰り返し(八王の乱)、国力が衰退していきます。

これを機とみた北方の五つの民族(いわゆる「五胡」)に晋は攻め込まれます。そして、五族の中でもっとも力のあった匈奴(きょうど)によって晋はついに滅亡に追いやられます(316年)。

滅亡直前、晋の王族、琅邪王(ろうやおう)の司馬睿(しばえい)という人は、門閥郎党を引き連れ揚子江をわたり、滅亡した呉の首都であった建業(現・南京)に避難、この地を「建康」と改め都とし、晋を再興します。洛陽を首都としていた元の晋(西晋)と区別して、こちらは東晋と呼ばれます。

こうして晋は再建を果たしましたが、北方の版図は諸民族に奪われ、そこではいくつもの国が分立興亡しました。この時代を「五胡十六国時代」といいますが、王羲之を生み芸術としての書が開花した時代ということで、書道史としては「東晋時代」として部を立てるのが慣例になっています。

◇◇◇

さて、晋の王族、それも超一流の名族の中に、王曠(おうこう)という人がいました。司馬睿の南下はこの人の提唱によるものだったともいわれています。

王曠は、都・洛陽が陥落していく中で匈奴に反撃を試みましたが、強力な匈奴軍には太刀打ちならず敗戦、そのまま行方不明となってしまいます。降伏し捕虜になったのでは、と噂されます。

この王曠さんに息子がいました。超一流の名族・王氏のお坊ちゃまとして一目置かれながらも、父が敵に降伏したという噂から、人々から冷たい視線を向けられることもあったようです。

さて、ようやく主人公の登場であります(^^) 

この息子さんこそ、のちに書聖と呼ばれることになる、王羲之(おうぎし)その人であります。

201604王羲之肖像画

王羲之・肖像画

幼くして父と離別し母と兄の手で育てられた王羲之は、成人後、朝廷内で官僚として働き始めます。見識が深く高貴なその人柄を慕う人も多く、国家の重要な人材として評判を高めていきます。

ただ、王羲之自身は中央政府の席を好まず、地方官吏になることをずっと望んでいました。

永和七年(351年)、49歳になった王羲之は会稽(現・浙江省紹興市)の内史(地方長官)となり、右軍(左・中・右の三軍の一)将軍(※)の肩書きを得ます。会稽は江南の風光明媚な別荘地で、王羲之はこの地に深い愛着を示したといいます。

※ ここから王羲之は「王右軍」あるいは単に「右軍」と呼ばれることもあります。

201604浙江省風景

王羲之の愛した会稽(現・浙江省紹興市)の現在の風景

201605東晋地図

晋(西晋)の都であった洛陽と、東晋の都・建康(現・南京)はこんな位置関係になります。王羲之は琅邪(ろうや)で生まれ、建康で育ちました。成人後は建康・武昌・臨川・会稽で官僚生活を送っています。

◇◇◇

傑作『蘭亭序』の誕生

永和九年(353)暮春(3月)の初め、王羲之は会稽群山陰県(現・浙江省紹興市)の蘭亭(らんてい)に名士41人を招いて曲水(きょくすい)の宴を催します。

201604曲水の宴

蘭亭曲水図

曲水の宴 曲水の畔に陣取り、せせらぎの上流で杯を浮かべる。杯が自分の前に流れ着くまでに詩を詠み、杯の酒を飲む。詩ができなければ罰として大きな杯で酒を飲ませる――という雅宴。日本でも宮廷の儀式として行われるようになりました。

王羲之は、この詩会でできあがった詩集の序文を揮毫しました。これが、王羲之自身も認める最高傑作『蘭亭序』(らんていじょ)であります。

王羲之の真蹟は現存しない

私たちが現在みることのできる『蘭亭序』はすべて「拓本」(たくほん)というもので、石に彫りつけた字に紙をあてて摺り取ったものです。字そのものも、王羲之その人の肉筆を写したものではありません。

『蘭亭序』のみならず、王羲之自身の書いた書、真蹟は戦乱などですべて消失しており、いっさい現存していません。王羲之の書として伝えられているものは、すべてが模写あるいは複製されたものです。

ほんものの『蘭亭序』は唐の太宗皇帝が所蔵していましたが、太宗はこの作品を酷愛するあまり、臨終の際に副葬を命じてしまったのでした。そのためこの最高傑作はこの世から消えてしまいました。

太宗は生前、欧陽詢や褚遂良、虞世南らに王羲之直筆の『蘭亭序』をときどき臨書させていました。現在残っているのはこの臨書の方です。いろいろな人が書いているので、当然ながらみな少しずつ字が違っています。

ここでは、いちど消失したが定武という場所で発見されたということで『定武本』と呼ばれる欧陽詢・臨をご紹介しておきます。

201605『蘭亭序』定武本

『定武本蘭亭序』(欧陽詢・臨)

太宗が多くの書家に臨書させたもののうち、欧陽詢のものがいちばん真に迫っていたので、これを石に彫らせたといいます。それがこの刻本で、昔からいちばん重んじられているということです。

28行328字の『蘭亭序』には、いたるところに加筆や修正、上書きなど、推敲の跡があります。その後、王羲之は何度も書き直したというのですが、宴に興じて書いたときの草稿以上には書けず、これが王羲之自身の認める最高傑作になりました。

次回は、王羲之の他の行書作品についてお伝えします。

◆◆◆◆◆

復習テスト解答

(問題1) 

  1. 九成宮禮泉銘 ―― C 欧陽詢
  2. 雁頭聖教序 ―― B 褚遂良
  3. 孔子廟堂碑 ―― A 虞世南
  4. 蘭亭序 ―― E 王羲之

(問題2) 

  1. ( X ) 筆者は虞世南
  2. ( X ) X 玄宗 → ○ 太宗 ※玄宗(げんそう)は第九代
  3. ( X ) X 太宗皇帝 → ○ 顔真卿

◆◆◆◆◆

 

それではまた(^^)/

書道史を学ぶ 2 唐太宗と初唐の三大家

前回ご紹介した『字と書の歴史』で著者の江守賢治先生は、中国書道史に関してこのように述べておられます。

  • 書家個人としては王羲之(おうぎし)が最も重要で、時代としてはが最も重要である。

「書聖」とよばれる王羲之は東晋(317-420)時代の人で、365年頃の没と伝えられています。この4世紀の書家が7世紀、唐代になって改めて高く、極めて高く、評価されることになります。

ここでは進行を『字と書の歴史』に倣い、王羲之その人の書にふれる前に、彼の書が再評価されることになった唐という時代についてまずざっと学んでおくことにします。

◇◇◇

紀元前16~15世紀頃に中国大陸に殷という王朝が起こりました。以後、→周(西周)→東周→春秋・戦国→ 秦→ 前漢→新→後漢→魏蜀呉(三国)→晋(西晋)……と国家の興亡がくりかえされたのち、書聖とよばれる王羲之の活躍する東晋時代がやってきます。

ときは4世紀。我が国は大和時代(古墳時代)、人々が――

201604古墳時代の服装

こんな服装をしていた時代だといえば、王羲之がいかに古い時代の人か、日本の私たちにもよく伝わってくるのではないでしょうか。

さて、そこからさらにめまぐるしい王朝交代あるいは分裂劇がくりかえされまして……、

東晋→(南朝)宋→斉→梁→ 陳

五胡十六国→(北朝)北魏→東魏/西魏→北斉/ 北周

このようにしばらく王朝が南北に分かれる時代が300年ほど続きますが、それを隋が統一します。しかし二代煬帝(ようだい)の失政・悪政によって滅亡、唐(618-907)が興ります。C= (-。- ) フゥー

ときは7世紀、我が国は初の女帝である第33代・推古天皇(在位592-628)の御代であり、聖徳太子の活躍せられた飛鳥時代であります。以後、平安時代の半ば頃までの約300年間、大陸では唐王朝が続きます。

この300年間を三つの期間に区切って、初唐中唐晩唐といっています。

唐の高祖(王朝の始祖)となる李淵(りえん)は、隋の煬帝の悪政に天下が乱れ群雄が蜂起するなかを息子の李世民(りせいみん)のすすめで挙兵、隋を滅ぼし唐を打ち立てます。

その後、李世民は父をたすけてよく働き、のちに二代皇帝につきます。死後「始祖に次いで功績のあった皇帝」として「太宗(たいそう)」という廟号を贈られています。

さて、太宗李世民(598-649)は卓抜たる政治力で唐王朝を栄えさせるのですが、同時に教養を高めることにも熱心な皇帝で、書を愛する人でもありました。特に王羲之の書に心酔していたと伝えられています。

201604太宗

唐・二代皇帝 太宗

太宗のもと、書に秀でた臣がたくさん現れます。そのうち特に有名なのが――

虞世南(ぐせいなん) 558-638

欧陽詢(おうようじゅん) 557-641

褚遂良(ちょすいりょう) 602?-664

初唐の三大家」と呼ばれるこの三人です。生没年を見るとわかるように、虞世南と欧陽詢は年齢が近く、褚遂良はふたりより40歳ほども年下です。

※ちなみに「欧陽詢」は「欧陽」が姓で「詢」が名です。台湾出身の歌手・欧陽菲菲(おうやん・ふいふい)さんと同姓です。ご先祖様でしょうか(^^)

201604欧陽菲菲

◇◇◇

唐の三大家の代表的な作品をみていきます。

虞世南 『孔子廟堂碑(こうしびょうどうひ)

201604『孔子廟堂碑』

628年、太宗は文教復興のために都・長安の孔子廟を改修します。その完成を記念して建てられたのが孔子廟堂碑です。撰文・書ともに虞世南の作。

書作品の特徴や評価などについては、参考書からの受け売りで簡単に書いておきます(^^)

穏やかで気品のある書風は「初唐第一の名品」とされ、楷書の最高のの手本の一つといわれています。

虞世南は王羲之七世の孫とされる智永に書を学び、その書法を継承したと伝えられています。

◇◇◇

次は、欧陽菲菲さんの先祖かもしれない(笑)――

欧陽詢 九成宮醴泉銘』(きゅうせいきゅうれいせんめい)

632年、太宗が九星宮という離宮に避暑に訪れたとき、一隅から清水が湧き出ているのを見つけました。これを吉兆とみた太宗は一流の文章家に文を作らせ、欧陽詢に碑を書かせました。

201604『九成宮醴泉銘』

隅々まで神経のいきとどいた端正な書風は、古来より「楷書の極則(ごくそく)=最高の規範」と呼ばれています。

◇◇◇

褚遂良 『雁塔聖教序(がんとうしょうぎょうじょ)

201604『雁塔聖教序』太宗は、玄奘三蔵(げんじょうさんぞう)が苦難の末にインドから仏典を持ち帰って広めた功績を讃え、都・長安の慈恩寺にある大雁塔(だいがんとう)に「大唐三蔵聖教序」と「大唐三蔵聖教序記」という碑を建立しました。二つの碑を総称して「雁塔聖教序」とよんでいます。

文は太宗自身とその皇太子がつくり、褚遂良が書いています。

2016041西安大雁塔

長安(現・西安市)の慈恩寺の大雁塔。南門に『雁塔聖教序』が埋め込まれています。

しなやかで張りのある楷書表現であると評されています。一部に点画が連続する部分もあり、行書的な雰囲気を感じさせるところがあります。

◇◇◇

向勢・直勢・背勢

楷書のタテ画の書き方に、向勢・直勢・背勢というのがあります。大事な用語なので覚えておきたいと思います。向勢は向き合う線が外側にふくらむ書き方、直勢はまっすぐ向かい合い、背勢は逆に反った形になります。

『孔子廟堂碑』は向勢の典型といわれていますが、みていくと直勢や背勢で書かれたところもあるようです。

201604向・直・背勢

「固」向勢   「其」直勢   「用」背勢

『臨書を楽しむ〈2〉虞世南 孔子廟堂碑』より

対して『九成宮禮泉銘』は背勢の典型といわれ、引き締まった表情をみせています。

◇◇◇

ところで、唐の時代には記憶しておくべき書家がほかにもいるのですが、ひとりはこの人です。

顔真卿(がんしんけい) 709~785

中唐の人で、ここでは詳しくふれませんが、初唐の三大家にこの人を加えて「唐の四大家」という言い方をすることもあります。

顔真卿にはこのような作品があります。

顔氏家廟碑』(がんしかびょうひ)

201604『顔氏家廟碑』

すごい迫力ですね(^^) 唐の時代は初唐の三大家によって王羲之の流れをくむ楷書表現が極められた時代でしたが、その伝統に立ち向かうような斬新で重厚な書きぶりに驚かされます。

中国書道史上の重要人物のひとりである顔真卿とその作品については、後日また触れることにします。ここでは顔真卿の名と、上の作品名、それから「初唐の三大家」にこの人を加えて「唐の四大家」という言い方をすることもあることを覚えておきたいと思います。

◇◇◇

最後に、王羲之の書を深く愛し、唐時代の書風の方向性を決めた太宗自身の書もみておきます。

太宗 温泉銘』(おんせんめい)

201604『温泉銘』

都・長安近郊におかれた唐王朝の離宮の温泉の効用や風物をたたえた碑だそうです。649年、亡くなる前年の作。

王羲之に心酔し、自らその書法を学び、その能書ぶりは歴代皇帝第一とされる太宗の気品あふれる行書の名品であり、王羲之書法を彷彿とさせるものと評されています。

◇◇◇

政治文化両面で唐の全盛期を築き、歴代第一の名天子と仰がれる太宗――彼が心酔したという王羲之の書とはどんなものだったのでしょうか。次回からみていきたいと思います。

それではまた(^^)/

書道史を学ぶ 1 参考書のご紹介

硬筆書写検定準1級・1級の第九問は問題Aと問題Bとに別れていて、次のような構成になっています。

準1級はA・Bともに書道史の問題で、Aはこのようなマルバツ式――、

201604硬筆書写検定第九問A準1

Bは下のように古典作品の筆者を答える問題か――、

201604硬筆書写検定第九問B1

あるいは作品の書かれた時代を答える問題になっています。

201604硬筆書写検定第九問B2

1級の方は書道史の問題はBのみで、Aは下のように、初級者が書いたという想定の漢字を添削指導する問題になっています。よくない部分を矢印で指摘し、修正した形を下のマスに書き込みます。

201604硬筆書写検定第九問A1

このように準1級ではABともに書道史の問題ですが、1級ではBのみで、準1級の方が書道史の問題量は多くなっています。

検定対策の勉強としては概論的な知識を得ておけば十分でしょうが、それにしても覚えるべきことはかなりあります。試験直前の付け焼き刃的な学習で何とかなるほど学ぶべき範囲は狭くありません。

いちばんよいのは、書道史の本を身近に置いて日頃から少しずつ目を通し、作品の姿や名、書家の名前などをこつこつ記憶に残していくことだと思います。

◇◇◇

硬筆検定の2級を受けるあたりから書道史の勉強もしておかなくちゃと思うようになり、ネットで情報を集めつつ、よさそうな本はまず図書館で借りて内容を確認してみたりした結果、私はこの3冊が主な参考書になっています。

201604書道史参考書

左:『すぐわかる日本の書―飛鳥時代~昭和初期の名筆』

中:『すぐわかる中国の書―古代~清時代の名筆』

右:『字と書の歴史』

201604『字と書の歴史』

『字と書の歴史』は160ページと通読しやすい本で、江守賢治先生が書写検定の受験者を対象に、中国と日本の書道史をコンパクトにまとめてくださっています。一冊だけというなら、迷わずこの本をおすすめします。

江守先生の本で書道史の流れを大きくつかんだら、次は『すぐわかる 中国の書』もなかなかよい本です。中国書道史の時代ごとの特徴をわかりやすくまとめつつ、古典作品を一つ一つ写真や図版をふんだんに使って解説してくれています。

201604『すぐわかる中国の書』

これを読んで唐の時代あたりまできたら、

201604『すぐわかる日本の書』

『すぐわかる 日本の書』も併読しはじめる――こんなふうに勉強すれば、書写検定対策として十分以上の知識が身につくのではないかと思います。

問題は選択式なので、作品や書家の名前をそらで書けるようにまでしておく必要はありませんが、作品写真を見て、どの時代の誰が書いた何と呼ばれる作品か、どんな特徴があるか――など、おおまかにでも人に説明できるくらいにはしていきたいと思っています。

なお、私は三冊ともくりかえし通読していますが、作品名や筆者名などを一所懸命に暗記するような勉強は一度もしていません。ひたすら暗記するというのは苦手なんですよね(^_^; 興味のある読み物をくりかえし読み、あるいはそれについて書いているうちに、内容が自然と記憶されてくる――という感じが好きです(^^)

それではまた(^^)/