「日本書蒼院」カテゴリーアーカイブ

『今日からはじめる書道』

半紙に一字の課題にしつこく食いついております(^_^;

201603『書蒼』小1「三」(拡大臨書)3回目

201603『書蒼』小1「土」(拡大臨書)3回目

どうかなー、いくらか見られるようになってきましたかね?

「土」、下のヨコ線の上部が波打ってしまいました。

いちばん気に入って愛用しているイタチ毛の筆なのですが、この筆ばかり使いすぎているせいでしょうか、穂先がだいぶ摩耗してきてしまった感じです。同じ筆を何本か持って交互に休ませながら使っていくとよいらしいですけれども。

一字だけを半紙いっぱいに大きく書くことのむずかしさを今さら知りました。いろいろな字でこの稽古をしていきたいと思います。

◇◇◇

えー、それと、小学生課題の自習で小4「成功」の「成」、小6「前進」の「進」のしんにょうが明らかにNGでした。やっつけ仕事(-_-)を反省しまして、改めて稽古しました。

201603『今日からはじめる書道』で学ぶ3

「成長」を改めて拡大臨書

201603『今日からはじめる書道』で学ぶ2

「前進」も改め

『書蒼』といっしょに置いてあるのは、この本です。

201603『今日からはじめる書道』

『DVDでみるみる上手くなる 今日からはじめる書道』

岡田崇花先生・著

硬筆の方で数え切れないほど本を出されている岡田崇花先生ですが、毛筆の入門書も出されています。

この入門書が、『書蒼』の毛筆課題の稽古のときに点画の書き方などを再確認するのにすごく役立つのであります。

また――、

201603『今日からはじめる書道』ひらがな

この「ひらがなの書き方」解説も永久保存版と言ってよいでしょう。

谷先生のお手本で私が勉強を続けている書写書道の形とはまた違う、行書とともに使える「大人のひらがな」の書き方が詳しく説明されています。

そして圧巻は――、

201603岡田崇花先生運筆動画

付録のDVDです。なな、なんと、すべてのひらがなの運筆動画が入っているのです。それも岡田先生ご自身が揮毫されているという贅沢さ!

教室に通っていたって、ここまでじっくり先生の筆遣いを拝見できる機会はそうありませんよね。しかもDVDなら繰り返しみられるんですから、こんなに幸せなことはありません。

これで1500円+税というんだから、タダみたいなもんです。コスパ高すぎ!!『書蒼』で学ぶ(人に限りませんが)入門~初級の方、買わない手はありませんよ。いやほんと(^o^)

201603『今日からはじめる書道』で学ぶ1

時習之。不亦説乎。

――学びて時にこれを習う。また説(よろこ)ばしからずや。

孔老師はよいことをおっしゃいました。ときどきこうして初心に還ってみると何故か心が落ちつきます。

それではまた(^^)/

『書蒼』で楽しい手習い生活

競書誌『書蒼』は毎月1日前後に送られてきます。

2015121『書蒼』1月号

『書蒼』28年1月号

最新号が届くと、まず前々号の成績表に目を通し、昇級できたか確認します。(今回、かな半紙ほか3部門で3級に昇級しました。)

それからお手本をみていくのですが、最新号が届く頃は、前月号の締切が近づいています。私はかなりぎりぎりまで稽古しているため、すぐには最新号の稽古に入りません。

谷蒼涯先生の池袋教室は原則として第一・第三土曜日の開講で、第一土曜には、これから提出する競書作品をチェックしていただけます。それで提出作品が最終的に決まります。

ただ、その上で翌日の日曜日に最終の書き込みをすることが多いです。もしもっと良いものが書ければ入れ替えようというわけですが、一日書いてもさらによいものが書けずに終わることもしばしば(^_^;

翌月曜日、出勤途中に投函します。いつも水曜日が締切日(必着日)になるので、二日前に投函する形です。このスタイルが定着してきました。

こうして競書生活が一巡します。

競書の稽古が生活のサイクルの核になっています。職場での飲み会なども嫌いな方ではありませんが、手習い生活のサイクルに影響を及ぼすようなタイミングで誘われた場合には、断固としてお断りしております(笑)。

楽しい手習い生活。毎日が充実しています。同じように『書蒼』で競書生活を送っているお仲間が全国におられると思えば張り合いもまたひとしおであります(^_^)

あなたも『書蒼』で、楽しい手習い生活を始めてみませんか?

それではまた(^^)/

『大人の筆ペン字練習帳』

書店へ行くと必ず書道関連のコーナーを眺めます。

先日、こんな本を見つけました。

201511『大人の筆ペン字練習帳』『思いどおりに美しい文字が書ける大人の筆ペン字練習帳』

谷蒼涯先生 監修・手本

――あれ、谷先生、こんな本を出されていたっけ?

谷蒼涯先生のご著書については、買っていない本でもほとんど頭に入っていると思うのですが、この本のことは知りませんでした。

発行日を見てみると、案の定ごく最近。

――先生も水くさいなあ、本を出されたなら教えてくださいよー(^^)

201511『大人の筆ペン字練習帳』2

(画像をクリックすると大きく表示されます)

美しいお手本の数々に魅了され、そのままレジに向かいました。

筆ペンだけでなく小筆の稽古にも役立つお手本集ですね。自習していきたいと思います。実用文の書き方のルールなどもしっかり解説されている永久保存版です。

それではまた(^^)/

 

谷蒼涯先生 所沢小手指教室

一昨日10月17日(土)は所用で午前中の池袋教室に出席できず……、

201510小手指1

振替で午後3時からの所沢小手指教室にお邪魔しました。西武池袋線の小手指(こてさし)駅北口から徒歩3分。

こちらにはすでに何度か振替で出席させていただいていて、顔なじみの方も多い教室です。

201510小手指2

私のような初級者から高段者の方までレベルはさまざま

201510小手指3

親子連れのお仲間も  お母さん方も大人の課題を一所懸命に稽古されています

201510小手指4

小学生の課題手本を書かれる谷先生     堂々と上手に書けました

201510小手指5

大人の課題にも興味津々

201510小手指6谷先生と一緒に作品を観る

201510小手指10

手とり足とり……足はとらないけど(^^;

201510小手指11左:「ここはこうして……」右:「上手に書けたねえ。これ、取っておこう」「はい」

201510小手指7一人ひとりにお手本を揮毫される谷先生

201510小手指8 先生の筆の動きを真剣に目で追います

201510小手指9具体的で丁寧な添削指導

これまで振替でこちら以外の教室にもお邪魔しているのですが、どの教室も本当に和やかな雰囲気です。

皆さん真面目に課題に取り組んでいらっしゃるのですが、ピリピリした感じはまったくなく、教室はいつも穏やかな空気に包まれています。谷先生のお人柄ゆえ、でしょう(^_^)

所沢小手指教室は、お子さんがいることで、また違った楽しさがあります。ここへ来ると、自分もはやく子どもたちに教えられるようにがんばらなくちゃ、という気持ちになります。

所沢小手指教室の皆さん、一昨日はありがとうございました。今後もお邪魔することがあると思います。その節ははまたよろしくお願いいたします<(_ _)>

それではまた(^^)/

 

谷蒼涯先生 池袋教室 盛況です♪

すっかり秋めいてきましたね。9月26日(土)、日本書蒼院・池袋教室に出席してきました。前回は仕事の都合で出席できなかったのですが、一か月もあくとずいぶんおひさしぶりという感じです。

201509池袋教室1

皆さん忙しい社会人なので、在籍の方すべてが出席ということはなかなかありません。そのためいつもはちらほら空席もあるのですが、昨日は早々に全席が着席となり、後半は二人がけになるところもありました。

201509池袋教室2

自宅で書いたものを持参して、すぐに指導を受け始めます。個々の進度や学習目的に応じたきめこまやかな指導が、日本書蒼院教室の特長です。

課題に関係なくとも、質問・疑問があれば抱えていないで教室に出た機会にどんどん質問してしまいましょう。

ちなみに、「ナニガシさ~ん、書いたものがあったら見ましょうか~」と谷先生がときどき声をかけてくださるので、引っ込み思案な方も心配は要りません〔´∇`〕

201509池袋教室3

この字、なかなかうまく書けないなあ……なんてときは、書いたものを持って先生の席へ。筆の運び方、角度のつけ方、力の入れ具合、抜き具合などなど、具体的にじっくり、わかりやすく指導してくださいます。

201509池袋教室4左は開塾めざして勉強中のお仲間。右は他教室所属のお仲間で、昨日は振替でこちらに出席されていました。

教室は正午に終わります。先生と上の写真のお二人と、帰りにインド人経営のカレー専門店へ。ランチが650円、けっこう美味しくてワンドリンクまでついてるんですよねー(⌒∇⌒* 私は前回ふつうの辛さでややもの足りなかったので、今回は中辛に。うむ、もう少し辛くてもいけそうだな。次回はもう一つ上の「ホット」に挑戦するぞっ!(•̀ᴗ•́)و ̑̑

(食べるのに夢中で写真は撮り忘れました……)

 閑話休題

201509池袋教室5かなのお手本を揮毫中の谷先生。教室ではそれぞれの学習課題について、すべて運筆も見せてくださった上でお手本をいただけます。

競書の課題だけでなく、たとえば私の場合は自習用にかなのお手本をいただいたりと、学びたいものに合わせてお手本を書いてくださいます。直筆のお手本をいただけること、先生の筆運びを間近に見られることは教室通いの大きな魅力です。

◇◇◇

谷先生の教室はほかに松戸(本部)・入間・成増・所沢(小手指)・与野・吉祥寺などにもあります。

また、競書誌『書蒼』で指導されている関連教室もありますので、気軽に問い合わせてみてくださいね。

まずは日本書蒼院について少し知りたいな、という方は こちら 日本書蒼院 へどうぞ。

体験授業(無料)に出てみたい!競書誌の見本が欲しい!という方は 日本書蒼院への問い合わせ へどうぞ!

はい、ご想像どおりの宣伝モードで終わりました~٩(ˊᗜˋ*)و