自習 書蒼27年12月号 幼年~小3 毛筆

幼年~小学生の課題を自習しています。

幼年・小1「えだ」

201511『書蒼』小1えだ1回目左:お手本   中:形臨   右:背臨

「え」の一画目の点、形背とも形が違いますね。点の基本練習がまだまだ足りません。

背臨の「た」、一画目と二画目の交差位置はもう少し右にしないといけませんね。

なお、すべて拡大臨書です。お手本と形背臨をほぼ同じ大きさにして並べていますが、実際はこのくらい大きさが違います。

201511『書蒼』小1えだ1回目(拡大臨書)

◇◇◇

小2「ぶどう」

201511『書蒼』小2ぶどう1回目

左:お手本   中:形臨   右:背臨

「ふ」 これも、形背臨とも一画目の点は筆の動きがお手本と違いますね。水平ぎみに筆を入れたあとグッと下に押し込み、軽くハネて二画目にむかう――ようにしないといけないところだと思います。点の基本練習をもっとやらないと。

背臨の「う」は全然ダメ。

◇◇◇

小3「水玉」

201511『書蒼』小3水玉1回目左:お手本   中:形臨   右:背臨

就寝直前の、だいぶ眠い状態でやったせいか、形臨はずいぶん不格好になりました。

形背とも「水」のタテ線の左ハネが大きかったです。

それと、これも形背とも、「玉」のいちばん下のヨコ線が右上がり気味なせいで落ち着きが悪いですね。どちらも眠気のせい――ということにしておきます。自分に甘いなあ(笑)

◇◇◇

寝る前に形臨し、起きた直後に背臨する――こうすると、翌朝起きたときにお手本のイメージがけっこう頭に残っている、つまり脳にかなり定着している感じがします。

ただ、睡魔に襲われた状態でやってもダメですね。注意事項として、 あまり眠くならないうちにやる必要があります(^^;

◇◇◇

きょう11月8日は、書写検定の試験日ですね。

私は次回(来年1月31日)から硬筆1級をまた受けていこうと思って勉強中です。次回からは、受かるまでもれなく受け続けるようにするつもりです。そうしないとどうしても勉強が途切れてしまいがちなので……。きょう書写検定を受ける皆さん、がんばってくださいね!

雨になるところも多いようです。風邪など召しませんように、暖かくしてお出かけください。合格を心よりお祈りいたします。

受けない方は、楽しい日曜日をお過ごしください。それではまた~(^^)/