草書の勉強中、また横道にそれる

硬筆書写検定1級では草書を書かせる問題があります。活字を見てその草書が書けないといけないんですが、この勉強がなかなか進みません(^^;

たまに思い出したように字典を開いて草書の形を確認し、少しく練習する日もあるのですが、習字をしているうちに字源の方に興味がいって横道にそれてしまう悪い癖があり、先日も――

201511男 三体『楷・行・草 漢字筆順字典』岡田崇花先生・編著より

「男」という字を調べていて、またまた漢字のなりたちの方が気になりだして、ペンを置いていつもの『常用字解』を開くことになってしまいました(しょうがないなあ)。

「田」んぼで「力」を出して働くから「男」――というのは子どものときに何かで習った気がするけど、女の人だって田んぼで働くときには力を使うぞ?これも、ただの俗説か?

白川博士の字解はどうなっているでしょう。

読んでみると、当然ながら「田」は田、まあ畑も含んで「耕作地」全般の意味になります(ちなみに「畑」は国字=日本で作られた漢字)。

問題は「力」の方ですが、これが――

201511力 甲骨

甲骨文字や金文をみると納得できるのですが、農具の「耒(すき)」の形からきているそうです。

「男」という漢字は 農地+スキ で耕作(者)の意味であり、さらに古い時代には、農地の管理者をさした――というのが白川博士の解説であります。

例の『漢字なりたちブック』でも――この小学生向けの漢字学習書は白川説をもとに編纂されているので当然ですが――同じ説明になっています。

201511男 なりたちブック『漢字なりたちブック 1年生』 伊東信夫 著

――農地の管理者かあ。性別をあらわすのが出発点じゃなかったんだなあ。

ところで、例の小学生用の漢字辞典ではどんな説明になってるでしょう。

201511男 漢字をおぼえる辞典『小学生のための漢字をおぼえる辞典』

「田で力しごとをする人」から男性の意味になったという、子どもの頃から聞かされてきた話がそのまま出てきました。

また、「力」の方はさらに違った説明になっています。

201511力 漢字をおぼえる辞典

「力」とは、腕の筋肉がもりあがった形だというんですが、私はもとの字を見て、力こぶのできた腕の形にはどうしても見えません(^^;

――この説明は『説文解字』に拠っていますね。

『説文解字』――後漢の許愼が著した中国最古の字書、というふうに学校で習ったと思います。文字学の聖典として二千年近く権威を保ってきたこの『説文解字』の誤りを、古代中国社会の多角的な研究を通じて次々に指摘していったのが白川静博士、というわけです。

小学生向けのこの辞典、漢字のなりたちについては旧態依然の説明も多く、まちがいも多いとされている『説文解字』に拠って漢字のなりたちを説明しています。そこを除けば、よくできた辞典だと思うんですが。

◇◇◇

ところで、大人気の白川学説ですが、批判をまったく受けない学説というものはありません。

字源の解説を、古代中国の呪術的世界観に求めすぎではないか、といった批判もあります。白川博士が言うような呪術の儀式の実在が確認されていない、なんてこともあるとかないとか。

白川博士の研究で漢字の字源研究がぐんと進んだのは間違いのない事実ですが、それでも、こういった研究というのは常に発展途上にあります。新しい学説に否定される部分が出てくる可能性は常にあります。それが学問の進歩というものですよね。

白川博士以後も、漢字の字源研究は進んでいるようです。今後、どんな新しい字源説明が出てくるか本当に楽しみであります(^_^)

いや~、漢字って

( ̄ー ̄)ゞわ、また性懲りもなく……。

それではまた~(^^)/