自習 書蒼28年8月号 中1ペン習字

『書蒼』ペン習字の中1課題を自習しています。

硬筆書写検定のヨコ書き問題対策として、この課題での稽古が役立ちます。実際の試験より文字数は少ないですが、この3行課題をしっかり書き込んでヨコ書きに慣れていけば、文字数が増えても対応できる力が身につくはずです。

今回も「シグノ&リバティ」の合体版(^^)で書いています。ゲルインクの0.38mm、シャープな線が書けてにじみも出ず、外観もちょっと高級感があって、書いていて気持ちがいいです。次回の書写検定でも、ヨコ書き課題ではこれを使うつもりです。

201607オートリバティ

◇◇◇

201608%e3%80%8e%e6%9b%b8%e8%92%bc%e3%80%8f%e4%b8%ad1%e7%a1%ac%e7%ad%86%e5%bd%a2%e8%87%a8

上:お手本  下:形臨

次に、お手本は見ず、課題文を活字にしたものを見て書く稽古です。お手本のイメージは意識せずに書くので「背臨」とはいえませんが、形臨の稽古をしたあとなので完全な自運ともいえず、「背臨的自運」という感じです(^_^;

硬筆書写検定はすべて自運で解答することになりますので、こういう稽古が必須になると思います。

201608%e3%80%8e%e6%9b%b8%e8%92%bc%e3%80%8f%e4%b8%ad1%e7%a1%ac%e7%ad%86%e8%87%aa%e9%81%8b

■■■■■

きょうの自運

20161014%e3%83%9a%e3%83%b3%e8%87%aa%e9%81%8b%e3%80%8c%e9%87%8c%e3%81%ae%e7%a7%8b%e3%80%8d

硬筆書写検定の解答用紙(コピー)に書いています。

%e9%87%8c%e3%81%ae%e7%a7%8b

『里の秋』 作詞:斎藤信夫 作曲:海沼実

(2)

明るい明るい 星の空

鳴き鳴き 夜鴨の渡る夜は

ああ 父さんの あの笑顔

栗の実 食べては 思い出す

(3)

さよならさよなら 椰子の島

お舟にゆられて 帰られる

ああ 父さんよ 御無事でと

今夜も 母さんと 祈ります

――戦後まもなく、復員兵や引揚者、そしてその家族を励ますためのNHKラジオ放送で流すために作られた歌だそうです。安否の知れぬ父の復員を待つ母子の心情を想うと目頭が熱くなってきます。

それではまた(^^)/