[毛筆書写検定]4 3級試験の内容をみる(4)

3級の理論問題を、硬筆検定とともにみています。

理論問題

毛筆 第九問 草書を読む

201508毛筆検定理論第九問

『毛筆書写検定ガイド (3・4級)』より

硬筆の方も、形式・問題数ともに同じです。

硬筆 第九問 草書を読む

201508硬筆検定理論第九問

『硬筆書写技能検定3級合格のポイント』より

3級の審査基準の中に「平易な草書体の漢字を読むことができる」とあるのですが、行書体に近い字が多く、また文章題なので文脈からの判読もしやすい、いわば「サービス問題」になっています。

練習問題をやってみてほとんど解答できたので、私はこの問題のための受験勉強はしませんでした。ただ、今後は草書の勉強が必要になるんだな――という覚悟だけはできました。そういう覚悟を促すための問題?なのかもしれませんね(^^)

◇◇◇

毛筆 第十問  常用漢字の字体の間違いを直す。

201508毛筆検定理論第十問

硬筆 第十問  常用漢字の字体の間違いを直す。

201508硬筆検定理論第十問

これも、書かれている字が毛筆か硬筆かの違いだけです。

この問題、いつも意外にてこずります(^_^;

問題文には書かれていませんが、書き方のまちがっている漢字は10字です。しかし私の場合、一読してすぐ間違いに気づくのは半分くらいのものです。これまでの受験ではすべて何とか完全正解できているはずですが、10字すべてを特定しきるまで、いつもけっこう時間がかかってしまいます。

これをやると、人が文章を読むときに一字一字の形をきっちり確認しながら読んでいるわけじゃないんだな――とよくわかります。間違った字が混入しても、文章になっているとすーっと読み流してしまいがちなんですよね(^_^;

字体の間違いのパターンについて、ガイドブックに解説があります。

201508毛筆検定理論第十問解説

『毛筆書写検定ガイド (3・4級)』より

201508硬筆検定理論第十問解説

『硬筆書写技能検定3級合格のポイント』より

訂正すべきはぴったり10字で、訂正が9字以下でも11字以上でも減点されます。

2級以上は試験時間が90分と長いので、この問題に多少時間を使ってもどうということもないのですが、3級は60分しかありません。理論問題にあまり時間をかけている余裕はありません。誤字のパターンを知っておき、練習問題もこなしておかれることをおすすめします。

3級の理論問題は以上です。

■■■■■

きょうの自運(草書かな交じり)

20160823ペン自運「季節のかたみ」1

『季節のかたみ』 (幸田文・著)より

硬筆書写検定の解答用紙(コピー)に書いています。

幸田文(こうだあや)の『みずばち』に続き、『季節のかたみ』を自運していきます。次回の縦書き自運に続きます。

それではまた(^^)/