楷書の基本を学ぶ 2 雨/冂

『書蒼』8月号の競書をきのう投函、きょうから書道生活は新しい月に入りました(^^)

◇◇◇

きょうはまず「雨」の字をみます。

201608楷書基本003「雨」

A 『楷・行・草 漢字筆順字典』(岡田崇花先生・編)より

B 『改定 毛筆三体帖』(狩田巻山先生・著)より

C 『新書道字典』(二玄社)より

今回は別の字典からも字を借りてきました。また、楷書といえばやはり初唐の三大家、というわけで、虞世南・欧陽詢・褚遂良の墨跡も参考にしていきます。

それぞれ比率には若干の差がありますが、どれも中心のタテ画より右側が広くなっています。漢字を目の前に立つ人にたとえると、まっすぐこちらを見ず、こちらから見て少し左の方を向いている――ような構えですね。「」「」なども同様です。

パターン3  「雨」「両」「南」などは右側を広く書く

前回アメカンムリでは、第二画の書き方で錯視が生じ、左半分が長く見えました。そこで右半分を長くしてバランスを取ったわけですが、今回のこれは錯視とは関係がありませんね。理屈はともかく、事実上このような構えで書かれている――というお話です(^^)

◇◇◇

次はこれです。

201608楷書基本004「同」

A 『楷・行・草 漢字筆順字典』(岡田崇花先生・編)より

B 『改定 毛筆三体帖』(狩田巻山先生・著)より

C 『新書道字典』(二玄社)より

(けいがまえ・まきがまえ)の中は、「雨」「両」「南」などと違って中心を通るタテ画はありませんが、やはり右側が少し広く書かれています。

また、タテ画はあるが貫通していない、こういう字でも同様です。

201608楷書基本004「尚」

A 『楷・行・草 漢字筆順字典』(岡田崇花先生・編)より

B 『改定 毛筆三体帖』(狩田巻山先生・著)より

C 『新書道字典』(二玄社)より

比率はいろいろですが、みな右側が広めになっていますね。

パターン4  冂のある字は、右側を広くする。

きょうは以上です(^^)

■■■■■

きょうの自運

20160816ペン自運「我は海の子」

硬筆書写検定の解答用紙(コピー)に書いています。

201608海

『我は海の子』 作詞・作曲:不詳

(2)

生まれて潮にゆあみして

波を子守の歌と聞き

千里寄せくる海の気を

吸ひてわらべとなりにけり

高く鼻つくいその香に

不断の花のかをりあり

なぎさの松に吹く風を

いみじき楽と我は聞く

それではまた(^^)/