自習 書蒼28年7月号 中1ペン習字

『書蒼』ペン習字の中1課題です。

『書蒼』では大人向けにはヨコ書きの課題がありませんので、硬筆書写検定を受験される方は、この中1課題で稽古されるとよいと思います。お手本をみるとわかるように、学生部の課題といっても決して易しくはありません。この課題で鍛えていけば十分以上に検定対策になると思います。

前回同様、「シグノ&リバティ」の合体版(^^)で書いてみました。ゲルインクの0.38mm、シャープな線が書けてにじみも出ず、外観もちょっと高級感があって、書いていて気持ちがいいです。

201607オートリバティ

◇◇◇

201607『書蒼』中1硬筆形

上:お手本  下:形臨

(画像クリックで大きく表示されます)

次に、いつものように、お手本は見ず、課題文を活字にしたものを見て書く稽古です。お手本の字を鮮明に思い描けているわけではなく、自分の字もかなり入っているので、「背臨的自運」という感じです(^_^;

これも、硬筆書写検定を受ける方には必須の稽古になると思います。

201607『書蒼』中1硬筆背

■■■■■

きょうの自運

20160805ペン自運「高浜虚子」

硬筆書写検定の解答用紙(コピー)に書いています。

「夕立(ゆだち)かな」とよんでください(^^)

週末、楽しくお過ごしください。それではまた(^^)/