書蒼28年7月号 実用書道随意

関東甲信地方もようやく梅雨明けですね。いよいよ夏本番、大好きな季節になりました(^^)

◇◇◇

段級に関係なく誰でも競書参加できる「随意」課題の筆ペン部門です。

201607『書蒼』7月号実用書道随意

上:お手本  下:形臨(競書提出済)

今回もセーラーの「ふで和み 本造り(玄)」を使いました。私にとって「望んだ線が書きやすい」度No.1の筆ペンです(No.2は「ぺんてる筆 中字」です)。

筆ペンの穂先の出来は製品ごとにかなり違って、相性のよい悪いが必ずあります。いくら稽古しても思いどおりの線がなかなか書けない――という場合は、腕の問題より、筆ペンとの相性の問題である可能性もありますから、別の製品を試してみるのも手だと思います。

で、最も相性のよいセーラーでこの程度にしか書けないというのは、これはもう私の腕の問題であります。稽古を重ねていくしかありません(^_^;

◇◇◇

ところで、きのうお話しした検定合格の「褒美」がもう届きました。

201607『かな連綿字典』

『かな連綿字典』(関口研二・編)

前から欲しかったのですが、ちと値が張るので手が出しにくかった連綿字典です。買うには何かきっかけが欲しいよなあ、よし、準1級に受かったら買おう!――と心に決めておりましたのです(^^)

201607『かな連綿字典』2

「ペンで散らし書き」などの際に連綿の用例を参考にするだけでなく、こつこつ読んでいきたいとも思っています。また、「はじめに」で編者の関口研二先生が書かれているような――、

例えば本書をランダムに開いて筆や鉛筆で筆跡を追うなどして利用すれば、かなの続け文字の解読には大きな助力になると思う。

こういう使い方もいいですよね。いろいろと活用したいと思います。このブログの「古筆をよむ」などでもお世話になるつもりです(^^)

■■■■■

きょうの自運

20160729ペン自運「浜辺の歌」

硬筆書写検定の解答用紙(コピー)に書いています。

「あした浜辺をさまよえば」 朝、浜辺を散策すると

『浜辺の歌』(作詞:林 古渓 作曲:成田為三)

(2番)

ゆうべ浜辺をもとおれば

昔の人ぞ しのばるる

寄する波よ 返す波よ

月の色も 星の影も

「ゆうべ浜辺をもとおれば」 夕暮れに浜辺をめぐると

201607浜辺の歌

楽しい週末になりますように。それではまた(^^)/