真草千字文を読む 7 弔民伐罪~

智永の『真草千字文』を読んでいます。

201607真草千字文013

チョウミンバツザイ シュウハツイントウ

弔民伐罪 周發殷湯

たみを弔(あわれ)み つみを伐(う)ちしは 周の発、殷の湯なり

字義

  あわれみ、なぐさめる

  悪(人)を討つ

  周の武王のこと

  殷の湯王のこと

意味

民を弔(あわれ)み、罪を伐(う)ったのは、周の武王と殷の湯王であった。

◇◇◇

201607真草千字文014

ザチョウモンドウ スイキョウヘイショウ

坐朝問道 垂拱平章

朝に坐してみちを問い 垂拱して平章す

字義

坐朝 朝廷にいる

垂拱 衣裳を垂れ、手を拱(こまね)く = 何もせずにいること

平章 (国を)公明に治める

意味

(天子は)朝廷に坐して道を求め(政務につとめ)、国を公明に治める。

◇◇◇

デスクペン(パイロット DPN200B M)と筆ペン(ぺんてる筆 中字)で臨書してみます。

201607真草千字文013臨

左:法帖  中:ペン形臨  右:筆ペン形臨

学習ノート「こくご8マス」に書いています。

201607真草千字文014臨

左:法帖  中:ペン形臨  右:筆ペン形臨

通算112字を学びました。あと888字!――とか考えない方がいいかな(笑)

■■■■■

きょうの自運

20160725ペン自運「夏目漱石・明暗」

硬筆書写検定の解答用紙(コピー)に書いています。

それではまた(^^)/