ペンで散らし書き 8 足引の/田子の浦に

硬筆書写検定1級・準1級の自由問題対策として、ペンで散らし書きの稽古をしています。

きょうは、おととい行書・連綿の勉強で扱った百人一首の歌を散らし書きにしてみます。

201607古筆ペン散らし書き百003-004臨書風景

A5用紙(A4の半分) に書いています。

今回はセーラーのデスクペン、代替わりした新製品を使いました。旧製品のペン先の「なよなよ感」は払拭されていますが、それでもパイロットやプラチナと比べればいくらかしなやかかな?という気もします。書きやすい、いいデスクペンです。インクはコンバーター「極黒」を入れています。

近い価格帯の他社製品との比較では、この製品がもっともバランスがよい感じがします。それと、やはり人気のインク「極黒」が安心して使えるというところ、ポイントが高いですね(^^)

ただ、価格を無視した比較では、やはりパイロットのDPN200Bの方を推します。セーラーは太さが一種類で選べないのに対し、DPN200はM(中字)、F(細)、EF(極細)が選べるところも強いです。

◇◇◇

3. 柿本人麻呂(かきのもとのひとまろ)

足引の山鳥の尾の しだりお(尾)の

  ながゝゝし夜を ひとりかもねん

最初はこれまでどおりの構成です。

201607古筆ペン散らし書き百003-1

あし比支の 山鳥能尾の 志多りお

ゝゝよをひとりかもね

次に、『書ける!かな書道』で紹介されているパターンにならって一つ書きます。今回はこちらです。

201607『書ける!かな書道』P71

『書ける!かな書道―基本から創作へ』(谷蒼涯先生・著)

散らし書きの構成パターンが20種類、掲載されています。

201607古筆ペン散らし書き百003-2

あし比支の 山鳥の尾能 志多りお

ゝゝよをひとりかもね

※変体仮名の構成を一部かえてあります。

2行目の終わり、ちょっとだけ折り返す感じが特徴的ですね。2行目は行末に近づくと文字列が右に流れて、そこに生まれた空間にもぐりこむように3行目の文字が入ってきます。お手本では左の2行も微妙に右に流れているのですが、2行目の処理ばかりに気が行ってしまって、流し忘れました(^_^;

◇◇◇

4. 山辺赤人(やまべのあかひと)

      田子の浦に うち出(いで)てみれば 白妙の

         ふじのたかねに 雪はふりつゝ

  

201607古筆ペン散らし書き百004-1

たこのうらに ういてゝ  への

ふし能多賀 ふりつゝ

201607古筆ペン散らし書き百004-2

田子の浦 ういてゝ  への

ふし能多可 雪八ふりつゝ

これも左側、流せず……(汗)

■■■■■

きょうの自運

20160722ペン自運「マルチン・ルター」

硬筆書写検定の解答用紙(コピー)に書いています。

楽しい週末をお過ごしください。ではまた(^^)/