自習 書蒼28年6月号 小4~小6 硬筆

草書学習プリント「熟語編」を、1枚だけですがアップロードしました。300字くらい勉強してから復習用として使っていただくとよいかと思います。

◇◇◇

『書蒼』学生部の硬筆課題を自習しています。

すべて2Bの鉛筆で書きました。

小4

201606『書蒼』小4硬筆形背

左:お手本  中:形臨  右:背臨

小5

201606『書蒼』小5硬筆形背

左:お手本  中:形臨  右:背臨

小6

201606『書蒼』小6硬筆形背

左:お手本  中:形臨  右:背臨

◇◇◇

最初はやはり硬筆から

『書蒼』8月号が届き、昇段審査の結果が発表されました。漢字半紙・かな半紙・ペン習字・実用書道の4部門で、おかげさまで二段をいただくことができました<(_ _)>

日本書蒼院では、一般部門で三段以上を取得した上で、試験を受け合格すれば、『書蒼』で子どもたちを指導できるようになります。

それが実現したら、私はまず硬筆の指導から始めたいと思っています。そうしながら毛筆の稽古をもっと積み、ゆくゆくは毛筆の指導もできるようにしていきたい――今はそんなふうに考えています。

で、硬筆ですが、教え始める前に、やはり書写検定の1級は取得しておきたい――と思っております。

秋には58歳です。60歳になったら教えていたいと思っています。

え?ということは、あと2年と少し……あと6~7回の受験で1級まで受からないといけないのか……。

ぼやぼやしてはいられない今日この頃であります(汗)

■■■■■

きょうの自運

20160705ペン自運「種の起源」

硬筆書写検定の解答用紙(コピー)に書いています。

最強の生物として地上に長く君臨した大型恐竜たちは、環境の激変に対応できず、あっけなく絶滅してしまいました。環境の変化に順応して小型化したり、鳥に進化したものだけが生き残っています。これから先、人類も変化に順応して生き続けていけるでしょうか。

それではまた(^^)/