もうすぐ硬筆書写検定 3 草書の完全解答はまだまだ無理(-_-)

硬筆書写検定1級の第二問は、五つの二字熟語を楷行草で書かせる問題です。(準1級は四つ)

201606硬筆書写検定問題2

この問題のために、毎日ひいこらひいこら草書の勉強を続けているわけです(^_^;

まず一つ、やってみます。セーラーのデスクペンを使いました。インクは極黒です。

201606硬筆書写検定問題2練習1

うは、あとでこうして見ると上手くないわぁ(-_-)

◇◇◇

ところで、この問題では五つの熟語をできるだけ均等に配置しなければなりません。頭から順番に書いていくと、これがなかなかむずかしいのであります。

そこで、私の場合はこんなことをしております。

201606硬筆書写検定問題2行書から書く1

真ん中の行書から書きはじめます。上下の余白を7mmくらい取り、字間を5mmほどにして、いちばん上と下の熟語をまず書きます。

201606硬筆書写検定問題2行書から書く2

次に、あいだのスペースの真ん中あたりに一語を書きます。(最初は真ん中の語から書いていたのですが、先に上下を書いてスペースを小さくしてからの方が目測が楽になることに気がつきました。)

201606硬筆書写検定問題2行書から書く3

残った二つのスペースの真ん中あたりに残りの語を書き入れていきます。

こうすると、頭から順に書いていくより、五つの熟語を楽に配置できます。

201606硬筆書写検定問題2行書から書く4

真ん中に書いた行書の位置に合わせ、右に楷書、左に草書を書いていきます。

この手でやってみるかみないかは……ご自由に(^^)

201606硬筆書写検定問題2行書から書く5

うーむ、それにしても草書はまだ書けない字が多く、ここでは二字が書けません。完全解答はまだまだ無理~ヽ(ー_ー )ノ

◇◇◇

もう一つやってみます。試しに、第四問で使うことにしたシグノでこれも書いてみます。

201606硬筆書写検定問題2練習2

うむ。ほんとにこのボールペンはすっきりシャープに書けますねえ。今回はこの問題でもシグノのお世話になってみようかな……。

これも二字、書けず。草書の道は険しく長いのであります(^_^;

それではまた~(^^)/