自習 かな大字「けこさし」

かな大字「けこさし」の背臨です。

201509けこさし(背臨)左:お手本  右:背臨1回目

違うぞ違うぞ(・∇・)ン?

他人になったつもりで自分の字にダメ出ししてみます(^^;

――( ̄ー ̄)ゞ あー、ゴロー君。「け」でいつもの悪い癖が出とるよ。右側のタテ線は、もう少しまっすぐ下ろしてから左にかるーくチョンと曲げる。

はあ、どうもせっかちで早く曲げすぎてしまい……。

――「さ」もよくないな。ほれ、字典をちょっと見てみなさい。

201509漢字かな「左」 左:『角川書道字典』  右:『かな字典』二玄社

――お手本の「さ」とキミの「さ」では、二画目の右下がりの線の角度がだいぶ違うだろ。

字典を見るとわかるが、古筆の「さ」では上部が漢字の「七」に近いような形になっていたりする。お手本の「さ」にはこういう古筆の面影がちゃんとあるよね。

キミの「さ」は急角度すぎてブラックマンデーの株価チャートみたいだぞ、アハハ( -∀-)☛

はあ、考えなしに勢いで書いてしまいました……。

――「し」も違う。お手本の「し」は下のカーブがもう少しゆるやかだよね?>( ̄^ ̄)<

ほんとだ……。わお、ダメ出しだらけ……(ŎдŎ;)

◇◇◇

そんなダメ出しを受け、もう一度よくお手本を見ながら形臨を3枚。その後お手本を閉じ、心を落ち着けて……背臨。

201509けこさし(背臨)2

( ´-` ).。oO ちょっと近づきました?

◇◇◇

次は、かな書道で習う、古筆に基づいた形です。

201509古筆けこさし(背臨)左:お手本 右:背臨1回目

あー、「け」でまた癖が出ちゃった(^^;

もうしばらくまっすぐ下ろして、最後にちょっとだけ曲がるんだよー(汗)。

「さ」の一画目、ヨコ線が右上がりになりすぎました。「し」が休んじゃってらあ。頭の小さい子どものヘビがニュルニュル泳ぐ感じでいこう。

◇◇◇

古筆に基づいた形はむずかしいですね。

このあと形臨を10枚ほどやりました。

よし、お手本を閉じて再挑戦!┗(`・ω・´)┛フンヌッ!

201509けこさし(背臨)古2左:お手本 右:背臨2回目

うーん、「け」の収筆のところが太いなあ。お手本のように、最後は糸のように細くシュッと行きたかったんだけど、まっすぐ下ろすことばかりに意識が行って、うまくいきませんでした。

このあたり、今後の課題ということで……、きょうはこのへんで失礼しますっε= (*ノ´▽`*)ノ