書蒼28年4月号 漢字半紙

漢字半紙も初段から法帖の臨書になります。

課題は、北宋時代(960~1127年)後期の書家、米芾(べいふつ)の『蜀素帖(しょくそじょう)』から出されています。

201604『蜀素帖』法帖

『蜀素帖』

201604『書蒼』漢字半紙

左:お手本  右:形臨(競書提出済)

今回が二回目の臨書です。今回も前回同様で、「むずかしすぎる!」というのが正直な感想です(^_^;

臨書をしていて、プールでの練習を思い出しました。

水泳は今年2月に中級に進むことができたのですが、初級では1時間で300mほど泳ぐところを、中級は3倍以上の1000mを泳がなければなりません。

初級から上がった当初はついていくだけで精一杯、フォームのことなど考えている余裕もありません。1時間が終わるとヘトヘトに疲れ切ってしまい、更衣室で座り込んでしまったこともありました。

でもその苦しさの中で、だんだん水泳に対する自分の態度が変わってきたのでした。

いま思えば、初級のときは力まかせに泳いでいただけでした。あれでは1000mを週に何度も泳ぐのは無理なのです。無駄に力むことをやめ、力を抜けるところは抜く、効率のよい泳ぎ方を真剣に模索するようになりました。

初級300mを中級では一気に1000mにする。追い込んで、効率のよい泳ぎ方を自発的に探すよう仕向ける。そのへんがコーチの狙いなんでしょうね、きっと。

『蜀素帖』を臨書していると、そのことがつい脳裏をよぎります(^^)

この難しい線を再現するためには筆をどう使えばよいのか。自発的にいろいろ考え、試行錯誤していかなければならないところに追い込まれています。書道の方も300mから1000mになったということなんでしょうね。正直けっこう大変ですが、がんばります(^_^;

※ちなみに上級は1時間で1800~1900m泳ぎます…(; ̄ゝ ̄)


■■■ 草書学習記録 4/10(土)■■■

27日目の48字テスト。

20160410草書学習1

 致  言  盛  成  窒  到

 源  原  減  感  咸  誠

 埼  崎  奇  河  何  可

 典  曲  研  形  刑  開

 敏  梅  海  毎  苺  母

 古  尾  毛  届  展  厘

 出  尻  尼  尿  水  居

 扇  羽  戻  方  局  屈

「雇・肩・扉・非・戻・大」を学習。通算168字。

20160410草書学習2


それではまた(^^)/