書蒼28年3月号 ペン習字

ペン習字の方も初段から課題がかわり、字数がぐっと増えました。連綿(続け書き)の箇所も増え、三字以上の長い連綿も入ってくるようになりました。

201603『書蒼』201603ペン習字形臨

左:お手本  右:形臨(競書提出済)

タチカワのサジペンのニューム(やわらかい方)と開明「墨の華」の組み合わせで書きました。

◇◇◇

硬筆で書く小さな字は、一字ずつ粒書きするだけなら手を机にどっかり置いて一箇所に固定し、手首から先を動かすだけで十分に書くことができます。連綿も二字くらいまでなら、この書き方で何とかなります。

しかし長い連綿、たとえば今回の課題のこういう――、

201603連綿4文字

四字連綿ともなると、その書き方ではかなり苦しくなります。

ペン習字を始めるとしばらくは粒書きしかやりませんから、手を一箇所に固定して書くことに慣れてしまいがちですが、長めの連綿を書くようになったら、書きながら手を下に(手前に)すべらせていく書き方を身につける必要が出てきます。

書道の方では、小筆でもペン習字に比べればずいぶん広い範囲に筆を動かします。必然「手をすべらせていく」書き方を早いうちに身につけなければなりません。

しかし私はずっと書道経験のないままペン字だけやっていて手を固定する癖がついていたため、長い連綿を稽古するようになってかなり苦労しました。結局、苦手意識がぬけないままブランク期間に入ってしまいました。

日本書蒼院で毛筆を習うようになり、特にかな書道で小筆の稽古を続けてきたことで、この苦手意識はようやく払拭されつつあります。かな書道の稽古が、ペン習字の方にも生きてきたわけです。

こちらは一度ご紹介した――

201603岡田崇花先生運筆動画

『DVDでみるみる上手くなる 今日からはじめる書道』

(岡田崇花先生・著)

毛筆入門のDVDですが、ペン習字だけやるという方でも、収録されている岡田先生の運筆動画をみれば非常によい勉強になると思います。

広い範囲を筆を自由に動かしながら、それでいて安定した線の書ける方法を、この動画から学ぶことができます。

ペン習字だけで毛筆の方はやらないという方でも、上級をめざすなら、書道(特にかな書道)のこういう筆遣いはみておくべきではないかと思います。

もちろん、できれば実際に習ってみるのが一番でしょう(^_^)


■■■ 草書学習記録 3/24(木) ■■■

11日目です。

学習帳1ページを使って毎回48字のテストをしていくことにしました。字数が増えたので回数は一回に減らしました(^_^;

20160324草書学習1

 肢  支  胴  同  股  脂

 者  郎  良  郁  有  部

 肖  期  其  邪  牙  都

 口  賑  貝  娠  女  辰

 張  弓  長  辱  寸  唇

 純  糸  屯  套  帳  巾

 才  熊  罷  能  鈍  金

 閉  冴  芽  財  材  木

そのあと6字「鳥・嶋・鳴・足・各・路」を学習。

20160324草書学習2

稽古時間20分。通算66字。

◇◇◇

用事があって出かけたところの近くにイオンがあったので、激安のトップバリュ学習帳を少し仕入れてきました。

201603トップバリュ学習帳

1冊なんと税込58円!これだけ買って348円という安さです(^_^)


( ̄ー ̄)ゞ今日はまじめモードだったな。

それではまた(^^)/