自習 書蒼28年3月号 幼年~小3 硬筆

『書蒼』幼年~小学生の硬筆課題を自習しています。

4Bの鉛筆で学習帳(こくご8マス)に書いています。

幼年

201603『書蒼』幼年硬筆形背

左:お手本  中:形臨  右:背臨

背臨の「お」「な」「た」「さ」を見ると、最初のヨコ線の右上がりがだいぶきついですね。以前からの癖なのですが、なかなかなおりません(-_-)

◇◇◇

小1

201603『書蒼』小1硬筆形背

左:お手本  中:形臨  右:背臨

背臨の「は」「や」「た」、やはりヨコ線の右上がりがきついです。それと「こ」の二画目、形背ともお手本とだいぶ角度が違いますね。「五」の三画目、ヨコ線の後ほぼ直角に下りているところ、正確に写せていません。

◇◇◇

小2

201603『書蒼』小2硬筆形背

左:お手本  中:形臨  右:背臨

背臨の「池」、さんずいと「也」がちょっと離れすぎました。形背とも「と」の二画目のまるみがお手本と違います。背臨で読点(、)を入れ忘れてます(^_^;

◇◇◇

小3

201603『書蒼』小3硬筆形背

左:お手本  中:形臨  右:背臨

「は」はやっぱり収筆の「右にクルリ」の形がむずかしいですね。「語」の中の「五」の最後のヨコ線が変に湾曲していて見苦しいです。

◇◇◇

この一年、硬筆の稽古が不足していたなあとつくづく感じています。子どもの課題手本が正確に写せずに子どもたちに教えるなんてことはできませんよね。毛筆も手を抜けませんが、日本書蒼院での勉強2年目、少し硬筆の稽古の比率を増やしたいと思っています。


■■■ 草書学習記録 3/14(月) ■■■

草書の勉強が習慣になるまで記録を続けます。まずは一か月(•̀ᴗ•́)و ̑̑ 

20160314草書学習

15分でどのくらい勉強できるものか、試してみました。赤下敷き勉強法で6字ずつ解答していくための小紙片をたくさん用意しました。8枚書いて時間切れです。

過去に勉強している字で、うろ覚えの字がけっこうあります。昨日は以下の字を覚え直しましたが、繰り返し書いていかないとまた忘れちゃうと思います(^_^;

月・北・背・止・肯・山・育・宵・脳・干・肝・旨 12字

「月」「北」を覚えたら、次にその組み合わせである「背」を覚える――というふうに、一字を覚えたら、その字を部品に持つ字も覚えていくようにしています。


それではまた~(^^)/