自習 書蒼28年3月号 小4~小6 毛筆

『書蒼』小4~小6の毛筆課題の自習です。

――が、その前に。

えらくむずかしかった「一字課題」の復習をしなくちゃ。

201603『書蒼』小1「三」(拡大臨書)2回目

左:お手本  中:形臨  右:背臨

うーん、まだ貧弱……。お手本の堂々とした感じが写せてな~い。ただ、いくらかは雰囲気が近づいてきた?かも。

実はこれ、立って書きました。

縮小版のお手本をみるということは、お手本を遠くからみているようなものではないか――ふとそう思いついて、目を半紙から遠ざけるために立ち上がって書いてみた次第です。

201603『書蒼』小2「土」(拡大臨書)2回目

左:お手本  中:形臨  右:背臨

これも立って書きました。

◇◇◇

立って書いてみたら何だか新鮮な気分がして、以下もすべて立ったままで書いてしまいました(^_^;

小4「成長」

201603『書蒼』小4「成長」(拡大臨書)

左:お手本  中:形臨  右:背臨

◇◇◇

小5「高原」

201603『書蒼』小5「高原」(拡大臨書)

左:お手本  中:形臨  右:背臨

◇◇◇

小6「前進」

201603『書蒼』小6「前進」(拡大臨書)

左:お手本  中:形臨  右:背臨

しんにょうが短すぎたっ(汗)。大きなしんにょうの上に隹(ふるとり)をのせたお手本の「進」はどっしり安定感がありますよねー。

◇◇◇

というわけで、太筆を使う稽古では、しばらく立って書くようにしてみようと思います。

一字一字を上手に書けるようにしていかなければならないのは当然ですね。でも、それだけではだめで、紙の上に適度な大きさの字をバランスよく配置できる能力も必須です。

これは、谷先生にお手本を書いていただくときにいつも感じてきたことです。先生は何字のお手本だろうと、その場でさっと、適度な大きさとバランスで、一発勝負でかっこよく決められるのです!(惚れ惚れ)

私は字もまだまだですが、そちらの方の能力がまったく足りないことをずっと痛感してきました。

立つことで紙から目が遠ざかり、俯瞰する感じになります。書いている最中にも、書いたものの縮小写真を見るように紙面を見ることができます。さらに、書いた直後に後ろに下がってさらに遠目に見ることも容易です。これにより、字の大きさや配置にもっと気を配りながら書けるようになるかもしれません。

( ̄ー ̄)ゞ 立ってしか書けない人になったらどうするの?

う~む。そこは、実際にそうなってしまったら解決策を考えることにしましょう(^_^;

それではまた(^^)/