書蒼28年1月号 ペン習字

今回はタチカワの日本字ペンをひさしぶりに使ってみました。墨汁はいつもどおり開明「墨の華」です。

『書蒼』201601ペン提出分

左:お手本 右:形臨(競書提出分)

つけペンは今はさじペンを主に使っていますが、最初はしばらくこの日本字ペンを使っていました。

201601つけペン3種

上から さじペン(クローム)・さじペン(ニューム)・日本字ペン

かなり形状が違いますね。さじペンは英字を書くために作られたペンなので、漢字やかなを書くのは最初はむずかしく感じられます。特にタテ線からの左ハネなどが書きにくかったです。デスクペンで書くような調子で書くと紙にひっかかりがちで、なかなかうまく書けませんでした。使い慣れるまでしばらくかかりました。

日本字ペンはその名のとおり、日本語の漢字仮名交じり文が書きやすいように作られています。つけペン入門にはこのペン先をおすすめします。

ちなみに、さじペンはメーカーごとに呼称が異なり、「スプーンペン・たまペン・かぶらペン」などとも呼ばれています。材質に2種類あり、クロームは硬め、ニュームは柔らかめです。ニュームはペン先がよく開くので、線に線に表情を出したいときに使ったりします。

◇◇◇

楷書の自習です。同じく日本字ペンと「墨の華」の組み合わせで書きました。

『書蒼』201601ペン自習-楷書

左:お手本  右:形臨

それではまた(^^)/