自習 書蒼28年1月号 学生部 毛筆随意(掲示文)

学生部の毛筆、随意課題を自習しています。

前回、中字用にとイタチ毛の中筆を購入したのですが、太筆と同じように根元までおろしてしまったら、お手本のような細さの字が書きにくくなってしまいました。

というわけで、かな書道で使っている小筆で、命毛(先端のいちばん長い毛)もすりきれて寿命のきた筆を、そのままでは細いので根元までおろして、使ってみました(写真右)。

201601小筆 命毛がすり減る

201601『書蒼』学生部毛筆随意

左:お手本  中:形臨  右:背臨

う~ん、もうコシもなくなっていて、やはりえらく書きにくかったです(^_^;

やっぱりこういう課題はコシの強い筆でシュッ、シュッと力強く書かないと、「らしくない」気がします。馬毛だけのうんとコシの強い筆を買ってきて一度ためしてみようかな、なんて思っています。

それではまた(^^)/