自習 書蒼28年年1月号 小4~小6 硬筆

小学生の硬筆課題を自習しています。

筆記用具は「濃い鉛筆またはサインペン」の指定ですが、自習なのでそこはこだわらず、小4以降はセーラーのデスクペンで書きました。

小4

書蒼201601小4ペン形背

左:お手本  中:形臨  右:背臨

(画像をクリックすると大きく表示されます)

形背臨とも、「天気」「日」など、右上がりがきついでしょうか。

それと、形背とも「え」が変ですね。

まず、最初のヨコ線の右上がりがきついです。

次に、そのヨコ線が折れて斜め左下に降りたあと、斜め右上にはねあがりますが、二つの線がまったく重なっていません。お手本は半分くらい重なっていますよね。

さらに、斜め右にはねあがった線が真下に降りていくべきところを、斜め右に降ろしてしまっています。

間違いだらけ(大汗)で、お手本とぜんぜん違う落ち着きのない形になってしまいました。「え」のイメージは脳に焼き付いているはずなのに、なんでこんなことが起きたのか?「魔がさした」としか言えません(^_^;

◇◇◇

小5

書蒼201601小5ペン形背

左:お手本  中:形臨  右:背臨

う~ん、やっぱり個々の文字が右に上がりすぎ、ですね。文の出だしで特に。谷先生からもご指摘を受けているんですが、悪い癖です(-_-) 意識してなおしていかないと。

◇◇◇

小6

書蒼201601小6ペン形背

左:お手本  中:形臨  右:背臨

出来に大きな不満はないのですが、といってぜんぜん満足もできないという、いつもの生殺し(生殺され?)気分。

目習いが先行して、手習いの方はそれに遅れてついていく――のが書道だと思っているので、自分の字に満足できる日なんて当分は(もしかしたら永久に)こないと思っていますけれども(^_^;

◇◇◇

時間の関係ですべて一発勝負で書きました。正月になって復習しなおしております。「右に上がりすぎ」の癖に特に気をつけながら(^^)

それではまた(^^)/