書蒼27年12月号 かな半紙

かな半紙4~1級は俳句の課題になっています。

12月号課題 「としのくれ 杼(とち)の実一つ ころころと」

山本荷兮(やまもとかけい)作。江戸時代中期の、芭蕉門下の俳人だそうです。

201512杼の実

杼(栃)の実

書蒼201511かな半紙「としのくれ」提出分

上:お手本 下:臨書(競書提出済)

かなと変体仮名とで下のような構成になっています。変体仮名の部分を、字母の漢字で示します。

書蒼201512かな半紙「としのくれ」解説

ペン字と異なり、指先だけで書いていては線の大きな流れについていけません。指でなく手そのもので書いていく、その感覚がだんだんわかってきたような気がします。

それではまた(^^)/